2017年12月11日

「錬身抄」(中村天風)

   第十一節 食品に対する参考



 ○アルカリ性食品

(イ)果物の一切

(ロ)蔬菜の一切

(ハ)緑茶=最も多分にアルカリ成分を含むことに於いて食品中の王座を占める。

(二)コーヒー

(ホ)海藻類一切

(ヘ)コンニャク

(ト)イモ類と栗、椎のみ、カボチャ、ユリ根

(チ)筍及びきのこ類

(リ)香のもの一切

(ヌ)乳類

(ル)豆類及び豆腐



 ○酸性食品

(イ)各種獣肉一切

(ロ)魚介類一切

(ハ)ココア及びチョコレート

(二)各穀物類一切

(ホ)鶏卵

(ヘ)酒類一切

(ト)砂糖入り菓子類一切
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする