2017年12月31日

「錬身抄」(中村天風)

   12月31日(日)  第二節 果物の応用



 原始人の食物は、概ね野山に野生した果物であったということは、幾多の実証ある
事実である。

 即ち、煮ることも、焼くことも知らなかった時代の彼等は、勿論、現代人の如く、
魚介や鳥獣類を食さなかったに相違ない。そしてただ野生の果実、それのみが彼らの
生命を保持する食餌であったと思料される。しかも、原始時代の人の生命は、現代人
のそれよりも二倍も三倍も長かった。

 然し、遂漸進化の過程を経て、今正に、諸種の食物を混合調味して食餌とするよう
に習性化された現代人に、やにわに果食生活を行わせるということは望んでも到底不
可能な難題である。がせめて、一日の中、二度や三度位は果物を胃腑に送ってやると
いうことは、敢て大した難事ではないと思う。ましてそれが、健康生活建設への最も
賢明なる方法だと思惟するならばである。

 そもそも、果物の保有する成分の中には、吾人の生命エネルギーに対して、これを
助成する甚大なる要素がある。言い換えると、生命を支えるのに必要とする重要成分
の殆どすべてのものが果物の中に含有されている。

 但し、果物は、必ず、生のままで食せぬとその効果は軽減される。

 とにかく、果物こそ、天然食品中の最たるものであることを考えれば大いに摂取に
勤むべきである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする