2018年01月25日

「研心抄」(中村天風)

   1月25日(木)  第二節 真我不滅の要諦(生死の正念諦観)



 由来現代人の多くが有する霊魂不滅の観念は概して信念的でなく、又中には只単に
宗教的の信仰念でそう思惟して居るという傾向があり、換言すれば総じて概念的で
往々に漠然たるものがある。

 しかしながら真にこの荘厳な正しい理解を基盤として霊魂不滅を思量検討すれば、
確固不抜の正信念を確立する事は蓋し容易であると信ずる。

 それ故に、苟も人間の生命真理に真正な自覚を求望する人は、自己の真相である即
ち自我の本質と、その本質の固有する勢力並びに真我の不滅という大事実に対する正
信念に安定(あんじょう)するため、心を霊的境地に移す正念の啓発を怠る事無く精
進努力すべきである。

こうして初めて人間の生命の偉大にして幽玄、微妙にして権威ある事を悟り得て、同
時に常住邪気なき天真を流露して、如何なる人生を脅かす波乱の襲来を受けても、恰
も澎湃たる荒波の中に巨厳屹然として立つが如く、極めて悠々自若と自己の一切を統
御支配する事が出来、真に雄大にして荘厳なる人生に活き得るようになり得る。

 然もこの妙理を把握しこの妙域に到達するには、先ずその生命の要具たる心と肉体
とに付随する真理を理解し、その理解を基礎とした現実的活用を心身二面に施さなけ
ればならないのである。



         バツ(おくがき=書物のあとに付ける文)



 そもや真我の実相は水火侵し能わざるの絶対にして亦不朽不滅の実在なり。人もし
この信念に真に安定(あんじょう)するを得ば、肉の呵責も、人の世の非業も夢幻の
如くに消え失せて、無限至上なる歓天喜地の世界現れん。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする