2018年01月31日

「研心抄」(中村天風)

   1月31日(水)  第一節 「心」とは何ぞや?



 多くの人は、「心」「心」と口では盛んにいうが、その心に一体どういう区別があ
るのかという事を、本当に知らずにいるという傾向がある。そしてそれがやがて、自
己を正当に統御する事が出来なくなるという危惧すべき結果を招来する原因となって
いるのであるが、兎角現代人は特に理智階級者は、この種の重要な人生に対する先決
問題についての理解をいつも後回しにして、後回しにしてもよい事をさもさも先決せ
ねばならぬように誤認するため、口や筆で盛んにいろいろの理屈や論議を物識り顔に
蝶々する割合に、少しも自己の統御が完全に行われず、一寸見ると諸事無関心でのん
きのように見えてもそれはその時の調子によるだけで、従って病めば極度に弱く、悲
運に陥れば又極度に悩むというように、絶えず心を紛糾混乱させ、従ってその人生活
動も内容頗る貧弱で、折角の学識も理智も、何等世の中のために重要な働きも又貢献
をも為し得ないで、あたら人生を無為にして終わる、という状態の人が、寧ろ数に於
いて少なくないのではあるまいか。

 宋氏の言にも「学者偶々世を誤る」といったのがあるが、正に現代の理智階級者に
対する頂門の一針ともいうべき好風刺である。が然しこれでは何の為に学問をしたの
か、又何のために理智を育成したのか、皆目判らぬということになる。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする