2018年02月10日

「研心抄」(中村天風)

   2月10日(土)  「心」とは何ぞや?



 要するに各種の心を正確に区別収拾し、これを正当に操縦行使することが出来てこ
そ初めて本当の真人というべきである。

 そして、人がこの境地に達入する事が出来るようになれば、従来絶えず消極的の観
念や思想に拘束されて、あわれ万物の霊長たる人間が自分の脳みその中に巣を食って
いる寄生虫のような煩悶や苦労に痛めつけられ、時には終夜一睡もしないで、その生
命活力を減退するような愚にもつかぬ事を縷々行っていた昔が実におかしくもあり又
下らなくも感じて、今度はもろもろの雑念や種々の観念を任意に取捨統一して、正々
堂々と人生の上に大手を振って闊歩することが出来るようになる。

 実際! 心の操縦を完全に了解し且つ活用する事が出来るようになると、過去に自
己が行っていた事が余りにも滑稽でかつまた余りにも無謀であった事をしみじみ痛感
するのである。

 即ち過去に自己の行っていた事は、丁度持たなくてもよい重い荷物を誰に頼まれも
しないのに一生懸命手に提げて、そして重い重いと困っていたのと同様の事を行って
いたのであって、しかもそれが誰も逃れ得ない当然の人生苦のように諦め切れぬもの
を無理に諦めていたという自己の愚かさが本当に自覚される。

 そして人生苦悩の九十九パーセントは、子細に分析検討して見ると、自己が自己の
心というものを自己=真我 の生命用具として操縦する事を弁えず、反対にその生命
用具である心に年中追い回されていた結果、知らず識らずの間にいつしかその頭脳の
中に煩悶という価値のないものを念を入れてたたみ込んでいたという自己の人生に対
する大きな過ちに自然と気づく。言い換えると自己=真我 という尊いものを、その
生命用具である心の使い方を弁知しなかった計りに、反対にその奴隷の如くにしてい
たため、あわれ煩悶という悪魔のとりこになって、貴重な人生を物好きにも冒涜して
いたという反省念に目覚めるのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 04:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする