2018年02月16日

「研心抄」(中村天風)

   2月16日(金)  旧正月  「心」とは何ぞや?



 そして更に心身相関のもたらす当然の帰結として、心が肉体を統御する上に多大な
支障を惹起する事となるのである。畢竟適当に行使すべき生命用具である心や肉体
に、反対に使われるという本末転倒の活き方をする人の多いのは、何れも叙上のよう
な因由関係から招来されたものなので、そうなると人生は心ならずも或は病み或は不
運に陥るという惨めなものになり終わる。

 就中特に深重な注意をもって考慮せねばならぬ事は、肉体生命に属する本能心に対
する統御である。

 というのは多くの場合、人間の心というものは、何等の訓練も啓発も施さず、漫然
とそのまま打ち捨てて置くと、この本能心が精神領域の大部分を占拠して活動するも
のなのである。

 ところがこの本能心というものは、元来肉体生命に付属する心なのであるから、恒
に肉体生命の要求だけを満たすべく然も極めて無遠慮に、その欲するままを振る舞お
うとする。さながら手の付けられない野獣を檻の中から出したように、------そこ
で、これを適宜に統御しないで打ち捨てて置けばそれこそたいへんなので、人間をや
れ病だ、煩悶だ、苦労だ、という悲劇の舞台に遠慮会釈なく引き入れて仕舞う。

 こういうわけで真に恵まれた人生に活きるためには、先ず第一にこの肉体本位にの
み我が儘を振る舞いがちな本能心というものを完全に統御する事である。

 また厳密にいうと本能心さえ完全に統御する事ができるならば、その他の理性心や
霊性心の統御は比較的安易であるといってよい程、この本能心というものは先決的に
厳正な統御を施す必要のある心なので、然も事実に於いてこの心を正確に統御し得る
ものは意志の力以外に絶対に他にないのである。

 極言すれば人生を幸福にするのも又不幸にするのも、煎じ詰めればこの本能心の統
御の良不良という一事に懸っているといってよい位なのである。従ってこうした見地
から出発すれば、この心に対する絶対の統御力を有する意志の力というものこそは、
汎き意味に於いて人を美しく向上させる原動力だといえる。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする