2018年05月28日

「研心抄」(中村天風)

   5月28日(月)  第二節 官能啓発の実際修練法



 先ず、最初聴覚作用の習練として懐中時計を音の辛うじて聞こえる限度まで耳元か
ら離す。そしてその限度で音を十分完全に聞き得るようになったら、又僅かづつ距離
を遠くする。勿論何度も言った通り決して焦ってはならない。総じてこの種習練には
とりわけて忍耐が必要である。そしてこういう練習は一時に時間を長く行うよりは短
時間で回数を度々多くする方が効果的である。

 次は触覚の習練であるが、夜間なら電灯を消して闇黒の中で、昼間なら手拭いで目
隠しをして十数個の小物品を他の人に不規則に置かせ、それを手探りで触れて見てこ
れは何という事を言い当てる習練をする。この場合に用いる物品は平素余り手に触れ
ないようなものがよい。たとえば男子は婦人用のコンパクトとか口紅とかというよう
なものを用い、婦人には男子用のものを用いる方が良い。

 第三に視覚の習練であるが、これは先ず後ろ向きに座って、他の人に十数個の物品
(どんなものでもよい)を雑然と不規則に散在させ、よしっ!という掛け声とともに
クルリと向きを変えてその品物を一瞥すると素早く後ろ向きになって、眼に見た其の
儘の品を何と何と名にという風にいう。

 いずれにしても以上の三感覚作用を前述のような適宜の方法を以て習練すれば、他
の嗅覚や味覚の作用も、特別に習練せずとも次第にその側面誘導を受けて適確に優秀
になるものである。そしてこれ等の習練にも、やはり有意注意を充分完全に応用すべ
きことは敢て贅言を要せぬ事であるから、すべてを真剣な気持ちで習練すべしであ
る。要約すれば官能の現実啓発は有意注意力と密接な相対関係の下にある事は忘れて
ならぬ肝要な事である。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日のつぶやき








posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

2018年05月26日のつぶやき








posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする