2018年06月04日

「研心抄」(中村天風)

   6月4日(月) 第二節 官能啓発の実際修練法



 なお官能啓発の第二条件たる精神内容の浄化と整理という事は、心の奥深くに在る
潜在意識領に蓄積されて居るいわゆる不純の思想や消極的の観念を排除することで、
この事柄に関する詳細は別著「真人生の探求」書中に於いて観念要素の更改法と題し
て記述してあるから参考とされたい。



            バツ(おくがき=しょもつのあとにつける文)

 およそ人としての完全領域に到達せんには、先ずその官能を常に営々として啓発し
これを無欠完全に作り上ぐる事が、是その第一歩なり。

 誠や官能にして無欠完全たらんか、やがては自由にそして正確に自己を統御し得る
雄大荘厳な人生の殿堂を築き上る崇高なる技術者たることを得む。

 されば官能の啓発こそは珠玉を磨きて光あらしむるに等しく、夢寐瞬忽の間と雖も
これが万全を期成し、怠るべくも非ず、ただひたむきに励まんかな。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 04:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする