2010年03月07日

早速、やってみた。

「借力」の訓練は、食後、5時間か、食事前に、とあるので、今朝、早速、やってみました。「座式法」にはいる前に、「基礎訓練」の調節訓練が、六段調節、五段調節、四段調節、と、各5日ずつの訓練があります。その1日目の訓練です。
 六段調節とは、全体の呼吸量を六等分する方法です。まず口から大きく深呼吸を2回し、3回目に息を全体の六分の一吸い込みます。そして10秒息を止め、次に残りの六分の一を吸い込み15秒間停止。また六分の一を入れて今度は15秒間停止し、この要領で続け、次は20秒、次は5秒、最後に10秒停止し、吐くときはゆっくりと行います。この練習は、食前に毎日3回行い、約5分間続けます。
 と、いうものですが、その前提となる「呼吸停止法」をやってみると、1分から1分30秒位できれば良い方です。なのに、僕は、30秒しか出来ない。がんばっても、やっと、50秒でした。「調節訓練」どころではない。まず、「呼吸停止」をせめて、1分は、楽々と出来るようにしなければ。 そう感じた1日目でした。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142952946

この記事へのトラックバック