2010年03月08日

そもそも、「借力拳法」とはなにか?

力 抜山(1922〜2007)著「借力拳法」によるとーーーー。
 借力とは、今から2000年程前のいわゆる道師といわれる人々がいた頃、彼らが山にこもりそこで修業して生み出されたもので、彼らが敵に会った時にこの借力を秘法として使ったわけです。さて、借力とは一体どういう意味でしょうか。この「借」にはニつの意味があります。一つは『助ける」ことであり、一つは「借りる」ことです。「助ける」ということは、自分の体の中にあるあらゆる要素、例えば頭から出る力といつたものを出すことを助けることです。もう一つは、精素学の視点から見ると、我々の神経には精素というものが流れているのですが、それによって起こる反射力を発揮するものです。これを応用したものが借力拳法なのです。
 「借力」→自分以外の力を利用することであり、「神」、「薬」、「練」、の三つの借力からなる独特の訓練体系をもつ。肉体と精神の根本的な改善により人間に「潜在」する能力を全面的に導き出そうとする修業法である。
 「借力拳法」→神経を活動させて鍛えていく方式をとっているのです。中脳には、゛精素磁力゛の発生源があってその゛精素゛が一部は神経に流れて力となり、宇宙に存在しているあらゆる見えない力に接触しているのです。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。はじめまして!
借力拳法に大変に興味のあるものです。
力抜山先生が亡くなってからは、サッパリと活動を聞きません!
借力拳法道場も閉鎖されたのでしょうか?もしそうならもったいない事です。
お弟子さんは?力抜山先生並みのお弟子さんはいないのですか?
私の情報ですと、先生並みの実力あるお弟子さんはいないと!
聞いております。さびしいですよね!もったいないですよね!
改善された形で、借力拳法道場の復活を強く求めます。
Posted by 鬼神天使 at 2017年04月20日 10:36
追記!
改善された形での借力拳法道場の復活を求めるとは?
何故、力抜山先生と同じくらいの実力者が育たなかったのか?
何故強い〜力抜山先生並みのお弟子さんがいないのか?
不思議に思いませんかね?
これは私の分析なんですが、力抜山先生は道場で教えている訓練方法以外の訓練というか?修行をやっているのでのです!
お弟子さん同士が集まって、先生の実践していた訓練方法や修行をもっと研究して、訓練方法を改善されれば先生と同じくらいの実力を持つ事ができるはずです!
借力拳法を使ってボクシングチャンピオンになった話しは聞いておりますが、先生の実力はこんな低レベルではありません!
人間を越えた化け物レベルです!
Posted by 鬼神天使 at 2017年04月20日 10:50
Posted by 鬼神天使 at 2017年04月20日 18:33
力抜山先生と同じ位か?それ以上の実力者がいなければ、借力拳法は?
馬鹿にされるだけです!!!
気で飛ばす拳法や、まやかし拳法と思われて馬鹿にされます。
ですので、借力拳法は改善され復活させるべきなのです!!!
話が長くなるので!!!
中国硬気功を融合させて、借力拳法の古式訓練方法を簡易的にプラスさせれば良いでしょう!!!
借力拳法は改善して復活させるべき!!!
Posted by at 2017年04月20日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック