2017年02月28日

「真理のひびき」(中村天風)

   2月28日(火)  天風箴言(二十)



 模倣も極致に到達すると 真実と同様になる。この真理に則って 善いという事は
極力 模倣に専念すべきである。



(模倣というものは、その心の思いかた、その人の考え方で、良くも悪くもなるもの
である。できるだけ善いことは極力真似をすることである。そして人にめいわくかけ
るような悪いことは決して真似をするべきではない。

 自己を完全に啓発し、自己を真実に向上させ人の世のため真に役立つという真人に
なるために、ひたすら、何でも善いことを模倣する事に専念すべきである。そして悪
いということは、特に人の迷惑になるようなことはうそでも真似をしないことだ。常
に営々として至誠実践の模倣に志し、気取らず、ぶらず、天真流露の純真を発揮し
て、一念不動践行に努められることをあえて熱烈にお奨めする。)

     良師は以て須らく宝と為すべし 良友は以て須らく鑑みと為すべし
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック