2017年05月15日

「真人生の探求」(中村天風)

   5月15日(月)  心身一如



 人間の手で作られたものにも、こうした法則=道 がある。まして人智を遥かに超
越凌駕している造物主の作為になる活きる命を与えられた生物には、その活きること
に対する法則=道 というものは、絶対に厳格な状態で存在している。そして万一、
その活きる道=法則 に背反すれば、その生命存在は到底確保することを許されな
い。簡単な事実が、草食動物である牛や馬が、肉食動物である獅子や虎の活き方をす
れば、直ちに命を失うのを見ても明瞭である。

 このように、生命機能が人間より劣っている禽獣においてさえ、その生命法則は、
豪末仮借されない厳格さをもっていることを気づいた時、更に万物の霊長である人間
においては、より一層瞬間刹那でも犯すことの許されない法則=道 が、その生命を
活かすに当って厳存しているということは、そう深く考えるまでもなくはっきりして
いる筈である。

 ところが、それをそうと気づかず、己の意の赴く儘に、勝手気儘に、或は肉体を偏
重し、或は精神だけを重視する人の多いのは、察する処、その種の人々は、人間は万
物の霊長だから、その位の我が儘は特権的に許されているかのような、大変な間違い
に陥っているのではないだろうか?

 然し、そうした考え方は、どの点からいっても、余りにも独断だといわねばならな
い。

 第一それでは、絶対に真理が許してくれない。その証拠には、必ずそういう人は、
生存の中途、度々忌まわしい運命に脅かされたり、または病苦に呻吟するようなこと
になる。要するに道は尊厳にして犯すべからずである!!
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック