2017年08月06日

「真人生の探求」(中村天風)

   8月6日(土)  土用の丑の日  命令暗示法



 由来、この「気にしなくなる」という気分は、特に消極的の事項には最も必要な心
的条件なので、たとえば、夜眠るということは、人間の誰でも、誰に教わらなくと
も、子供の時から行っている格別難しいことではないが、然し、万一これを気にしだ
したら、当然眠り得る人でも眠れなくなる。その証拠にはよく眠れぬという人に限っ
て、眠れぬことを頗る気にしている。よく眠れる人というものは、眠れても眠れなく
とも、睡眠というものを、少しも気にかけず、眠りたければ眠り、眠れなければ眠ら
ぬまでと、極めて呑気な気持ちで一切そういう無駄なことを気にしないから、いつも
ぐっすり眠れるのである。

 こうした簡単な例証を考えて、正しい自覚を得ることが人生に何よりも必要なので
ある。

 それから今、二三必要なこの方法への注意を付け加えて置くが、それはこの方法に
用いる言葉は、必ず命令語を使用することで、決して祈りになったり、依頼になった
りしてはいけないのである。

 たとえば、「信念が強くなる!」 は命令語だが「信念がどうぞ強くなりますよう
に!」 では祈りになるし、また「信念が強くなってほしい!」 では頼みになる。
それでは駄目な場合の多いことも記憶されたい。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: