2017年08月08日

「真人生の探求」(中村天風)

   8月8日(火)  立秋の次の日  命令暗示法



 要するにこの方法は、飽くまで自己自身の心に、自己自身が命令するのだという、
厳格な心的態度が必要なのである。

 その意味の下に、この方法を行う時、鏡に映る己の顔を見詰めつつ「汝は」 とか
「お前」 とかという言葉を前提して命令することは、最も要領を得たものと、お薦
めする、即ち「汝は信念が強くなる!」 というように―――――.

 それからも一つ必要なことは、効果を焦るなということである。それよりは、こう
した真理に則った方法を続行していさえすれば、やがて時来たらば、必ず所要の事項
が現実化されるにきまっているという安心感こそ何より肝要であることも、忘れては
ならない重要のことである。何しろ長い間、殆どやりっ放しにして置いた心に、たと
えそれが真理であろうとも、今行って今直ちに効果を見ようとするのは、全然無理な
欲求で、どんなものでも完成するまでには、一定の期間というものが必要とされる。
まして人生建設に必要とするこの種の方法は、精神生命にその方法の習慣性が付くま
で幾分かの期間を要するので、決して効果を急いではならない。否急ぐ必要はなく、
行いさえすれば次第にその効果が速度を速めて具顕して来るという特性が精神機能に
存在しているので、何の顧慮する処なく、食事をしたり、呼吸をしたりするのと同様
な安易な気持ちで、こうした方法も生活行事の一つだと思う気分で行うのが、最もよ
い心がけなのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: