2017年08月23日

「真人生の探求」(中村天風)

   8月23日(水)  処暑(旺盛な太陽も次第に衰え、暑熱も退くという意
で、

               処暑と言い、天地清く爽やかとなる。)

        積極観念の集中法



 どれほどその事柄が暗い結果に陥るようなものでも、またそれが事前に分っている
際でも、心は必ず明るくもつべしなどという言葉や文字を耳にしたり、目にすると、
神経過敏な気の弱い人なんかは、とても私にはそんな努力は出来そうもないときっと
思うであろうが、これもまた行うに適正な方法を以てすれば、案外難しい問題ではな
いのである。

 ではその適正な方法とは何かというと、凡そ下の五項目を常に心に置いて、人生に
活きるように心がけることなのである。

 ○積極的観念集中力養成の実践要項

  (イ)内省検討

  (ロ)暗示の分析

  (ハ)対人精神態度

  (二)取り越し苦労厳禁

  (ホ)正義の実行

 上はどれも、実行しようと思えば、僅かな努力で容易に積極観念の集中力を如実に
助成し得る、即ち心理学的過程を応用した要項なのである。



 
posted by 林田カイロプラクティック院 at 04:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: