2017年11月20日

「錬身抄」(中村天風著)

   11月20日(月)



 「誦句集」が終わったので、今日から、天風先生の、三部作(1、真人生の探求、
2、研心抄、3、錬身抄)の中から、「錬身抄」の大事な所を書いて行くことにす
る。

  

     真健康を現実化し、世界平和に正しく協調せんと欲する人々の為に!

 真健康確立の可能性=真健康と肉体生活の関係



 何人と雖も、真健康の確立の可能性を其の命の中に確実に賦与されているのである
が、年中体のどこかに不健康的違和を感じて生きている人が多いのは、率直にいえ
ば、その活き方に多くの誤りがあるからである。

 

  真健康と肉体生命の生活法則

 一、如何なる場合にも、自然法則を無視して生活することを許さず。

 二、常に肉体生命の強度を積極化すべく、訓練的の方法を以て生活すること。



適応作用を応用する=同一の場所に同一の刺激が系統的に与えられると、その部分の
形状や実質が、その刺激に適応する様自然に変化して来るのである。

 例えば、鍛冶屋の手、百姓の足、海女の皮膚、のように、同一の刺激が然も無意識
的に系統的に繰り返されて与えられたために、その部分の実質と形状とが、その刺激
に抵抗し得るように、積極的に変化したからである。

 この適応作用は、積極的習慣のみならず、消極的習慣にも適応するので、寒いから
厚着をするとか、僅かな寒気にも負ける様なことをしてしまうと、弱い抵抗力のない
ものに皮膚を変化してしまうのである。

 であるから、健全なる肉体を作為するには、常に外界の刺激に抵抗し得るよう肉体
生活を積極的に訓練する生活習慣の下に生活せなばならないという結論に到達す
る。。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: