2017年12月08日

「錬身抄」(中村天風)

   12月8日(金)  針供養  第八節 食餌を摂取する時刻



 殆どすべての現代人の考えの中に、およそ胃を悪くしたり弱くしたりするのは、食
事の時間が不規則なのと、食量が一定せぬがためだという錯誤が多分にあるようであ
る。

 然らば如何なる時に食物は摂取すべきかというに、厳粛に真理に立脚して論断すれ
ば、真に食したいと感じた時、それが即ち食餌を摂取すべき時なのである。

 特に注意すべきことは食欲ということと空腹ということとを混同して考え、食欲の
生じたときを、真に食したい時と誤解して、食餌を摂取し、しかもそれが衛生に適し
たことと軽率に思量する人がある。

 しかしこれは大いに考うべき事なので、そもそも真に食したい時というのは、食欲
の生じた時のことを指していうのではなく、即ち、空腹を感じた時のことをいうので
ある。

 即ち要言すれば、空腹とは食物に対する絶対欲求であり、食欲とは食物に対する相
対欲求なのである。

 気分の悪い時には食を絶つことを怖れてはならない。否、反対にそういう時には、
断然食事をせぬ方が寧ろ良いのである。特に急性的の病の時には出来得るだけ胃や腸
の負担を軽減し、消化器を充分休息せしむることが、その快復を促進するのに良好の
結果を招来する。

 食事の時刻は、毎食の間隔を最小限度五時間以上とするのが理想的であり、且つ合
理的なのである。

 私が年来、一日二食論を提唱し、且つ又私初め多くの天風門下がそれを実行し、何
れも一様に健康生活を三昧しているのはこの理由に因由する結果なのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: