2018年01月05日

「研心抄」(中村天風)

   1月5日(金)  小寒(陰気深く寒冷一段と厳しくなるので小寒と

              いう。俗にこの日を寒の入りという。)

     第一節 「我」とは何ぞや?



 然し、この事柄は畢竟するに、人=自己の本体、というものが、どんなものである
かという事が先ず第一に判然しない限りは、完全に理解の出来よう筈のない事なの
で、一体多くの人がややともすると、心や肉体を、人=自己なり、と思い違いをする
のも所詮はその原因がこの点にある。そしてその結果この生命を完全に活かす為にと
生命に賦与された要具を正確に行使する事が出来ぬという事になり、ひいて心身を一
如にして活かす、換言すれば心身を統一するという即ち完全統御法が行われず、とど
のつまりは心ならずも病んだり或は不運に陥るという下らぬ人生を作為するという事
になるのである。

 何事と雖も、原因あっての結果なので、病むのも不運になるのも厳としてそこに原
因があるのである。

 一般の人々が、「自己=われ」という事を一体何を目標として言っているかという
と、凡そ下の二種類のいずれかである。

 即ち「物質的の肉体」を目して「われ」と思うのと、今一方は「非物質の精神」を
目して「われ」と思うという考え方、而して前者の様な考え方をする人のことを哲学
的に言うと、本能階級の人と称し、後者の様な考え方をする人のことを、理性階級の
人という。

 そして本能階級に属する人は、前記のように目に見える肉体を自己と思うがため
に、従って真我の本体も肉体と考え、理性階級に属する人は、目に見えない心を自己
なりと思うがために、真我の本体もまた心であると考定するのである。



 
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: