2017年10月12日

「天風誦句集」(一)

   10月12日(木)  不幸福撃退の誦句



 私はもう何事が自分の人生に発生しようと、決して徒に心配もせず、又悲観もしな
いように心がけよう。それは、徒に心配したり悲観したりすると、すればする程その
心配や悲観する事柄が、やがていつかは事実となって具体化して来るが故である。

 神仏と名づけられて居る宇宙霊なるものの心の中には、真善美の以外に、心配や悲
観というような消極的の心持は、夢にもない。私はその神の心と通じて居る心を持つ
万物の霊長たる人間である。従って、私がこの自覚を明瞭にした以上は、下らぬ事に
心配したり、悲観したりする必要は更にない。

 人はどこまでも人としての面目を発揮せぬと、人間の、第一つらよごしである。

 人間が人間らしくある時にのみ、人間の恵まれる幸福を享け得る。

 だから私は、神の心と神の力に、近寄るために、心配や悲観という価値なき事を断
然しないことにする。そして、真理に則した正しい人生に活きよう。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

「天風誦句集」(一)

   10月11日(水)  恐怖観念撃退の誦句



 人の神霊が宇宙の神霊と一致する時、人の生命の力は驚嘆に値する強さをもつに至
る。しかもこの尊厳なる宇宙の神霊と一致するには、第一に必要な事は心の安定を失
うてはならぬことである。

 そして心の安定を失うことの中で、一番戒むべきものは恐怖観念である。そもこの
恐怖なるものこそは、価値なき消極的の考え方で描いて居るシミだらけな醜い一つの
絵のようなものだ。否、寸法違いで書いた設計である。かるが故に、今日から私は断
然私の背後に、私を守り給う宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい。

 否、人が常にかくあることを心がくるならば、必然、人生に恐怖に値するものが無
くなるからである。

 故に健康は勿論、運命の阻まりし時と雖も、本当に私は私の背後に、私を守り給う
宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

「中村天風誦句集」(一)

   10月10日(火)  目の愛護デー  座右箴言



 私は最早何事をも怖れまい。それはこの世界並びに人生には、いつも完全というこ
との以外に、不完全というもののないよう宇宙真理が出来て居るからである。

 否、この真理を正しく信念して努力するならば、必ずや何事と雖も成就する。

 だから、今日からは如何なる事があっても、又如何なる事に対しても、かりにも消
極的な否定的な言動を夢にも口にするまい、又行うまい。そしていつも積極的で肯定
的の態度を崩さぬよう努力しよう。

 同時に、常に心をして思考せしむる事は、人の強さと、真と、善と、美のみである
よう心がけよう。

 たとえ身に病があっても、心まで病ますまい。たとえ運命に非なるものがあって
も、心まで悩ますまい。否、一切の苦しみをも、なお楽しみとなす強さを心にもたせ
よう。

 神と直接結ぶものは心である以上、その結び目は断然汚すまい事を、厳かに自分自
身に約束しよう。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする