2017年06月15日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月15日(木)  感情と肉体



 この実験の動機は、人間が感情を発作すると、特に消極的の感情が発作すると、著
しく呼吸の状態に変化を認める。即ち溜息をしたり、呼吸が浅くなったり、または深
浅不調になるという事実に対し、呼吸の状態にこのような変化がある以上、その呼吸
に依って生ずる特に呼気の中には、何か特殊の変化がありはしないかというのがその
端緒なのであった。そこで平素やたらに悲観し勝ちの人と、怒りっぽい人と、臆病の
人とを実験材料として、この人々にコップの中に呼気を吐き出させ、そのコップの周
囲に付着した呼気水分を、或る特殊の酸液を以て操作の上注射液を作り、これを各別
にモルモットに注射して、その反応を実験した処、悲観気分と恐怖気分の多分の人の
呼気操作液を注射された方のモルモットは、数分間後に苦悶状態を発し、間もなく虚
脱状態に陥り、怒りっぽい人の呼気操作液の注射を受けた方のモルモットは、四肢の
末端が麻痺されたように頗る運動不如意の状態を呈したという。

 こういう反射事実が、少なからず存在していることを考えると、ただ単に血液だけ
の上の影響でも健康保障に脅威を感ずるのに、まして生命全体の広範囲にまでその影
響が波及されることを思うと、更に一層に戒心しなければならないことを痛感せられ
ると信ずる。

 そして、このように影響事実は、どれも皆、心の態度が消極的となり、その結果肉
体生命維持の各機能を直接間接に司る神経各系統が、その生活力を減退するため、そ
れが一切の根本原因をなすからであるといい得る。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月14日(水)  感情と肉体



 第一に諸君の真摯な注意を促したいことは、消極的感情の発作に因り、吾らの肉体
生命内を循環しつつある血液の受ける影響である。実験心理学及び精神科学的考証に
拠ると、人が消極的感情を発作すると、血液は即座にその色及び味わいを変化すると
いうのである。詳しくいうと、怒ると、黒褐色に変色し、その味わい渋くなり、悲し
むと、茶褐色となって苦味を呈し、恐れると、淡紫色傾向となって、酢味を感ずる。
そして、特に注意すべき問題は、このように変色変味した血液は一様に、健康保障に
必要とする、アルカリ度を著しく減少して、酸性化するというのである。そして血液
が酸性化した場合は、一体その結果はどうなるかというと(詳細は肉体生命の法則を
説く際に詳説するが)肉体健康は忽ちその障害を受けて、何かの疾患に必ず犯される
に至る。

 そもそも血液というものは、吾人の肉体生命維持に欠くべからざる要素で、恒に肉
体細胞の生活営為とその生存保障の任にあたるという重要なもので、西洋の諺にも 
Blood is life=(血は命なり) とさえ称しているくらいである。

 然もこの影響事実は単に血液だけでなく、血液と同様に、生命維持に必要な要素で
あるリンパ液にも波及し、延いて各種の内分泌、外分泌の作用にも、打てば響くと
いった影響を反動的に与えるものなのである。

 更にもう一つの参考として、呼吸に関する価値高い実験報告があるから、それを摘
記することとする。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月13日(火)  心の生命に及ぼす影響



 中にも、滑稽に思えるのは、このことばかりは、どうしても怒らずにはいられない
とか、これを悲しまぬ者は馬鹿だとか、或は、こういう事を恐怖しない人は人間では
ない、とかというように、わざわざ理屈をつけて怒ったり、悲しんだり、恐れたりし
ている人すらある。そして、そういう人に限ってこういう風に怒ったり、悲しんだ
り、恐れたりする度に、その消極感情の発作の影響が、肉体生命の活きる力までを全
体的に弱めて、或は病の近因を作りまたは早老の遠因を作るという、生命に甚大な危
険をその度毎に醸成しているということを気づいていない。尤も気づかないからこ
そ、無雑作に怒り、軽率に悲しみ、無分別に恐怖するのであろうと思う。実際、こう
いう事実現象が生命に存在することを知ってながら、強いて、自己の生命に、自分自
身直接間接に危害を与えるようなことは、まともの精神を持つものでは為し得ない筈
である。

 古語に、聖者怒らず、覚者悲しまず、勇者恐れず、というのがあるが、そうした種
類の人でなくとも、こうした心身相関の現象事実を知る以上は、自己を消極的感情の
擒にし、貴重な人生を冒涜することが、甚だしい愚かな行いであることを思わないも
のはないであろう。まして、自己を徹底的に守り、徹底的に愛するものは、自己以外
に絶対に無いということに想到すれば、より一層、粛然たるものを感じなければなら
ない筈である。就いては、なおこの理解を正しく信念化すために、心の状態が肉体に
及ぼす影響をもう少し詳説して、諸君の人生参考に資することとする。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする