2017年07月10日

「真人生の探求」(中村天風)

   7月10日(月)  暗示感受作用



 暗示について心理学はこう定義している。「暗示とは、人の精神に無条件に同化感
化の力を働きかける事実現象なり」 と。そして、こうした働きを行う暗示となるも
のは、凡そ下の四種類に分類される。

  @ 言語

  A 文字

  B 行動

  C 現象、 等

 厳密にいえば,宇宙間のありとあらゆる事物現象は、悉く人の心に同化もしくは感
化を与える暗示となるといえる。即ち、人間社会の習慣も風俗も乃至は教育も何れも
暗示の連続的作用にほかならないのである。もっと卑近な例を挙げれば、多くの人々
が流行を追うことや、何かの出来事に付和雷同する群集心理の動きや、更に、映画
や、演劇や、講談、浪花節等に感動するようなことも、せんじ詰めると皆、暗示に同
化感化するためなのである。この見地からすれば、人はだれでも、暗示の世界の中に
活きているといって差し支えないのである。

 そして暗示の中には、積極的のものと、消極的のものとあって、人の精神はだれで
もこの暗示というものに、感化同化する作用がある。これ即ち、暗示の感受作用とい
うのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

「真人生の探求」(中村天風)

   7月9日(日)  暗示感受作用



 然し、つくづく考えたことは、信なきものは救われぬとしたら、信なきものは一生
迷路に彷徨せねばならないということになるが、それでは信あるもの、信なきもの
と、どちらが人の世に多いかというと、信なきものの方が実際に多い。すると造物主
は、人間というものを、苦しめるために生んだということになるが、然し造物主が人
を作った意図が、たしかにそうでないのが真理である以上、信なきものと雖も、救わ
れぬ筈はないと考えなければならない。そこで、百方苦慮研鑽努力した末、創見した
のが、ここに述べようとする暗示感受作用を応用する「自己暗示誘導法」というもの
なのである。

 この方法に依ると、どんなに疑い深い人間でも、疑う傍らから何かの効果事実が、
自己の意識領に大なり小なり手答えを与えてくれるので、いつの間にか今まで抱いた
疑心も事実の前に屈服してしまい、柔順にその方法の効果の中に抱擁されることにな
る。だから、この方法を私は、どんな人にも、最も手っ取り早く、奏功を現実化する
方法として、勧奨しているのであ

 そこで、この実際方法を説く前に、一応暗示感受作用というものに就いて、説くこ
とにする。そして、この暗示感受作用というものを理解するには、暗示とは何? と
いうことから理解するのが順序であるから、それを先ず説明することにする。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

「真人生の探求」(中村天風)

   7月7日(金)  小暑(暑熱いよいよ盛んとなるので小暑という) 七夕



       暗示感受作用

 どうすれば観念要素の更改ができるかということについては、或は人格同化法と
か、挙証説得法とか、自覚内省法とか、種々の形式がそれぞれ専門家に依って説かれ
ているが、私自身深く苦しんだ経験から「人間の精神に固有する、暗示感受作用を応
用する特殊の自己暗示誘導法」という方法を提唱する。

 というのは、勿論、学者識者の説く前記各種の方法にも、何れも皆立派な根拠もあ
り、論理も具わっているのであるが、我々人間は疑い深いという心理を習性的にもっ
ている。その為自分自身充分よく分からないことに対して、最初から全然白紙のよう
に、純真に中々それを信じ切れない。特にいささかでも理知教養を受けたものは一層
この傾向が顕著である。ところが学者や識者の唱える教義や方法は、信念というもの
が充分でないと、完全に理想的にその効果を味わい得ないものが多い。現に私など
も、そのために随分と苦しみ悩んだものである。

 尤も、釈尊でも「信なき衆生は救い難し」 といった程だから、それもまた一面に
存在する道理には違いないが、然し、どんなものでも、それをまだ実際的に味わない
初めから、信を以てこれに当るということは、余程心の出来た人か、それとも生まれ
つき純真無垢の人でなければできないことで、私などは、長い間不健康に蝕まれ、そ
の上運命に翻弄された結果もあるので、何でも頭から先ず疑ってかかるという捻じく
れた心の持ち主であったので、折角のよい教えも、丁度笊で水を汲むように、忽ちに
漏洩してしまうという有様であった。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする