2017年06月11日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月11日(日)  入梅  心の生命に及ぼす影響



 諸君は、これまでに、心の生命に及ぼす影響ということを、何かで必ず見聞してお
られることと信ずる。特に肉体に及ぼす心の影響ということは、大抵の人がよく知っ
ていることと思うが、たとえば極度の恐怖感が心に生ずると、忽ちそれが物の声に応
ずる様に、肉体に激甚な衝動を与え、心臓はさながら早鐘を打つような破道を起し、
顔面その他の皮膚は、血の気を失って蒼白となり、ものいう声さえも、呂律の廻らぬ
かのように震え出し、果ては身体を支える力を喪失して、完全に起立していることさ
え出来ぬようになる人さえある。

 しかもこうした現象は、ただ恐怖の感情発作の場合だけでなく、悲しみの感情発作
の時でも、また怒りの感情発作のときでも、更にその他の消極的感情発作の時でも、
その現象に大同小異はあるが、必ず発生する事実現象である。俗に怒髪天を衝くなど
というのも、心の生命に及ぼす影響を端的に表現した言葉であるが、何れにしてもこ
うした事実現象は、何人でも、自分も経験し、また他人の生命でも実見していること
と信じる。

 然し多くの場合、多くの人々はこうした事実現象を目撃しても、極めてありふれた
人生共通のことのように軽く考えて、それ以上にこうした事実現象が肉体の外部にだ
け表現するものでなく、深く肉体生命の内部に浸透して、諸種の悪影響を生命維持の
各機能にまで波及しているという事実を考えていないようである。否、事実この事を
真剣に考えていない証拠には、多くの人の日常を見ると、実に些細のことにも怒り、
僅かなことも悲しみ、大したことでもないのに恐怖するという消極感情を、極めて無
雑作に朝夕発作させているのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月10日(土)  時の記念日  生命の流れ



 諺にもいう、源清からざれば末又潔からずと。生命一切の強化を現実化するという
命の力を完全にするために、心身を統一するには何はさて措いても、第一に、精神生
命の生活態度の決定ということをその先決問題とし、肉体生命の法則を知ることをそ
の第二とすると力説するのも、以上の理由による。

 それでは、その生命処置に先決的に必要とする精神生命の生活態度の決定とは、ど
んなことかというと、即ち、

○ 精神生命保持の法則  と

○ 精神生命使用の原則  という二個の条件の実行である。

 そして、精神生命保持の法則とは、

○ 精神生命を、如何なる場合にも、積極的に把持することであり、

 更に、精神生命使用の原則とは、

○ 精神を使用する時は、必ず精神を統一して行うことである。

 即ち、上の二条件が、精神生命の生活態度を決定する必須にしてまた犯すべからざ
る真要諦なのである。

 事実に於いて、万一上の条件のそのどれかが、不注意に疎略にされると、生命の源
頭ともいうべき重大な生命要素であるところの心の力は、根本的に減退してしまい、
延いては、生命全体も又当然、その活きる力を減退するということになるのである。

 即ち、元定まらずんば末収まらずなのである。

 これは、深く考えるまでもなく、前に述べた生命生存に対する事実現象を考慮すれ
ば、すぐ分かることで、即ち心の力が減退すれば、生命確保の第二次的原動力要素を
保有する、生命維持の中枢ともいうべき神経系統が、見る見るその生活機能を減退し
てしまうからである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月9日(金)  生命の流れ



 前節に於いて私は、人間の命は気という原始的エレメントが、命の力(Vril)の根
源となり、ここに一個の生命体というダイナモを作為し、更にこの vril がそのダ
イナモに受け入れられたものが、電気の場合と同じく、生命諸般の力となるべき第二
次的原動力要素というものを作成すると述べた。

 ところで、この第二次的原動要素というのも、やはり、神経系統の生活機能内で、
特殊的に作用しているものなのである。

 これからみると、何人にも神経系統というものが、どれほど生命に対して重大な存
在であるかという、その重要性を遺憾なく認識査定することが出来ると思う。そし
て、更に生命に対して、中枢的重要性をもつ神経系統というものが、どういう機能に
依って、その作用の支配を受けているかということを考えると、精神生命=心 とい
うものこそ、人生建設に先決的に重視されねばならぬという絶対真理を正しく信念し
得ると思う。

 では、神経系統の一切の作用は、どういう機能に依って支配されているかという
に、これを直接的にいえば、中枢神経である。そして、中枢神経は何に依って営為の
支配を受けているかといえば、脳髄府である。ではこの脳髄府とは、どんなものかと
いうことは、別に専門家でなくとも、大抵の人は知っていることと思う。即ち、脳髄
府とは、大脳、小脳、延髄を保有する一規画に対する名称である。そして、更に、こ
の脳髄府の中に保有されている大脳、小脳、延髄とは、元来、どんな作用を行う機関
かということを考えて見よう。そうすると、生命に対する心の価値と重大性が明瞭に
肯定されるから、-----即ち、大脳、小脳、延髄とを保有する脳髄府こそは、精神作
用=心 の働きを、生命の内外に現実表現する厳粛な一生命機関なのである。という
ことが、自己の意識領に明確に認識出来たなら、更に、今まで説いた生命現象を順位
的に考えれば、心=精神 こそ、生命の流れの源頭だということを、咄嗟!! 無条
件に合点されると思う。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする