2017年05月07日

「真人生の探求」(中村天風)

   5月7日(日)  長さ・強さ・広さ・深さ



 そして、以上総ての原因が、縷々述べた通り、ひとえに潜勢力の発現を、意識的に
か、或は無意識的に阻止したためである以上、これまた幾度もいったとおり、潜勢力
の発現期成に努力するということは、徹底的に真剣であらねばならないのである。

 尤もそれは、やがて潜勢力発現を現実化し得るようになれば、自己が自己の生命に
顕現して来る大きい事実を、意識的にはっきりと自覚して来る。即ち、前述の六つの
力の内容量が、断然今までと異なって増大してきて、健康は勿論、運命の如きも、次
第に順調化して来るから、そうなるとどんな人でも怠るなという必要もない程、一生
懸命その方法手段の実践にひたむきになるので、敢て多言を要しないようなものの、
そうなるまでが最も重要な過程期間で、換言すれば、最初の間は兎角、効果をあせる
気持ちになるために、その効果現象が思う程早く現れないような場合には、ややとも
すると、当初の意気込みが減退して、実践に対する熱心さが薄らいでくる惧れがある
ため、このように何度も繰り返して、不断の実行を勧奨している次第である。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

「真人生の探求」(中村天風)

   5月6日(土)  長さ・強さ・広さ・深さ



 が、そうかといって人生「長さ」と「強さ」だけ兼備しているのでは、まだまだ完
全とはいえない。それはただそうでないより遥かに良いというだけのことで、由来人
生には為さなければならない多くの事業や仕事が、各人各様皆それぞれ多分に割り当
てられている、従ってその振り当てられている仕事や事業を完遂し、更にまた一層、
有為の事実を現実化させなければ、人間としての広義の義務が尽くされない。然もそ
の目的をよく達成するのには、「長さ」と「強さ」との上に「広さ」と「深さ」が実
際的に加えられなければならない。

 ところが、これまた、世の中に存在する事実が、雄弁にこれを立証しているとお
り、「広さ」と「深さ」の欠乏していたために、あたら「長さ」と「強さ」を兼備し
た生命をもちながら、一向世の中のためになることを為さず、常に人後に追随落伍し
て活きているという人が随分といる。

 然もこうした諸種の事実原因はというと、直接的主因は、前に述べたとおり、六つ
の生命の力(体力、胆力、精力、能力、判断力、断行力)の、そのどれかが、不足し
ているか、または不完全であるために外ならない。

 それがうそでない証拠には、世にいわゆる不幸福な人というのを見ると、この消息
は明瞭に分明する。

 即ち、天寿の来たらざるに、その生存の中途で、病などに取りつかれ、或は早死に
するのは、畢竟、体力や精力や、または胆力の方面に欠如したものがあるからで、更
に不運に苦しむのも、上述の能力なり判断力なり断行力なり、或はその他の力に不足
しているからの結果に相違ない。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

「真人生の探求」(中村天風)

   5月4日(木)  みどりの日  長さ・強さ・広さ・深さ



 多くいうまでもなく、人生の根本理想は、これを帰納的にいえば「長さ」と「強
さ」と「広さ」と深さ」という四つの条件が、現実に充たされている姿である。

 万一、この四つの条件が、その一つでも、欠けていたならば、人生はおよそ無意義
なものとなり終わる、ということもまた常識で容易に考え得ることで、かりにも人と
してこの世に生まれた以上、第一にその生命が出来得る限り「長く」活きられなけれ
ば、この世に生まれ出たかいが更にない。ところが世間には、人生には未だ何事も為
さずまたならざるに先立ち、早くもこの世を去るという、何のために生まれてきたの
やら、さっぱり分からないような短命の人が相当ある。実際こういう人は不幸中の不
幸の人といってよい。何れにしても、この世に生まれた以上は、長く生きなければ、
どの点からいってもうそである。

 が然し、いくら長生きが出来ても、その人生に「強さ」が兼ね備わらないと、ただ
徒に、この世に長くいたという結果だけにしかならず、寧ろ、長く活きていることに
多大な煩わしさをさえ感ずることになるのであろうことは、容易に想像される。これ
も事実世の中にある事柄で、かなり長生きはしたが、半生殆ど病床に呻吟していたと
いうような憐れな人もかなりにある。こうした事実から考えても、人生は「長さ」と
「強さ」が兼備していることが、絶対に必要である。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする