2017年04月05日

「真人生の探求」(中村天風)

   4月5日(水)  内在する微妙な力



 然し、こういうと「自分は、別に何人にも命令されてこの世に生まれて来たのでは
ない。生後幾年かの後に気付いてみると人間であったのだ。従って『本来の使命』な
どということがどんなものであるかを知る筈がないではないか」という人もあるかも
知れない。然し万一そうおうことを、恬然として言う人があるとすれば、その人は、
かりにも文化民族として自己を自ら好んで侮辱している人だと、遠慮なくいってもよ
いと思う。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

「しい人生の探求」(中村天風)

   4月4日(火)  内在する微妙な力



 そこで、この信念を更に一層強固にするために付加したいことは、一体どういう理
由で、人間の生命の中に、潜勢力という不可思議な力が実在するかということであ
る。換言すれば、人間出生の本来の使命ということである。

 処が事実に即して観察すると、世の中には随分立派な教養を持ち、難しい議論や、
ややこしい理屈をいう人は、かなり沢山いるが、案外にも、そういう人の中にさえ、
人間出生の「本来の使命」という、人間として何よりも一番先に自覚しておらねばな
らない肝要のことを、全く無自覚の状態で人生に活きている人が相当多い。その証拠
には、そうした人々の中に下らない病や、つまらない運命と親密な関係をつけて、
もっと尊く活きらるべき人生を、苦悩憂愁という価値の低い状態で送っている人が、
実際に於いて少なくない。

 元来、人間は、この世に病むために生まれて来たのでもなければ、また煩悶や苦労
をするために生まれて来たのでもない。否、もっともっと尊厳侵すべからざる重大な
使命を遂行するため生まれて来たものなのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

「真人生の探求」(中村天風)

   4月2日(日)  内在する微妙な力



 然し、こうした言葉の上に立脚して、現代の人々を見ると、お互いの仲間にも案外
そうした無自覚的の人間が相当多くはないだろうか。否、些か露骨ではあるが、寧ろ
活きているから生きているのだという有様で、もっと遠慮なくはっきりいえば、食っ
て、垂れて、寝て、起きて、そしてやれ人生苦の、健康難のと、この貴重な人生や生
命を無為に終わらし、死んで墓となっても、何処の誰だったか皆目分からぬというよ
うな、価値のない種類の人が決して少なくないようだ。が然し、これでは人生五十
年、カーライルの言葉のように全く泡沫に等しいということになる。

 であるから、何を措いても、人間には、人生の総てを立派に解決して、万物の霊長
である資格の発揮を完全にしてくれる頼もしい潜勢力というものが、自己自身の生命
の内奥に厳として実在しているという自覚意識に目覚めなければだめである。

 尤もこの事実は、やがて諸君が、この書に記述されている総てを、真剣に実行され
るとき、現実に味得されるに違いなく、またこの書、編纂の狙いも、この点に重点を
置いてあるので、あえて多言を要しないが、ひたすら望むことは、正しい理解と不断
の実践とをもって、生命内在の潜勢力を発現し、造物主の意図に応じて、人間の本来
の面目を完全に発揮するすることに努力することである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする