2017年09月10日

「真人生の探求」(中村天風)

   9月10日(日)  正義の実行



 これは正に、本心良心に悖らざる言行で人生に生きるものだけが味わい得る実消息
である。

 また厳粛な人生真理から論断しても、正義は人間の処世上、犯すべからざる一大鉄
則なのである。世間にはよく自分のした行為や、言った言葉を後日に後悔したり落胆
したりしている人があるが、それというのも、煎じ詰めればその行為なり言葉が、本
心良心に悖って行われたからである。ということだけ考えても、人生生活は、唯、正
義一本で行わるべきこそ、何といっても現実の真の理想である。

 西哲の言葉にも、「神の心は正義のみ。従って人が正義を行う時、神の力は、その
人に無条件に注ぎ込まれる」 というのがある。誠に味わうべき言葉である。

 だから、かりにも、自己を万物の霊長たる人間であることを自覚する以上、どんな
場合にも、その言行を、正義以外の価値なきものの擒としないように、粛然自戒すべ
きである。そして、以上数項が、積極的観念集中力養成の実践要項の大要であるが、
要するに、不断の実行を怠ることなく努力すれば、最初の間多少の困難を感じたこと
も、習い性となる譬えのとおり、次第次第に特別の注意を払うこともなく、よく無意
識の裡に、易々として実行し得るに至るものであるから、その積りで倦怠することの
ないように熱望する。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 07:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

「真人生の探求」(中村天風)

   9月9日(土)  重陽(五節句の一つで、菊の節句のこと)

              (ホ)正義の実行



 これもまた難しい事ではない。寧ろ容易なことだといいたい。正義の実行などとい
うと、何か頗る難しい、普通の人が容易に行い得ないもののように思ったり、中には
余程学問をするとか、または修養の功を積まない限り、正義そのものの本義を把握す
る事が出来ないかのように推定する人もあるかも知れぬが、決してそうしたものでは
ない。

 要は各人の、本心良心に悖らぬことだけを標準として、行動すればそれでよいので
ある。

 由来、本心良心はだれにもある。極言すればどんな悪人にもある。これも難しい事
ではない。すぐ分かることだが、何か道ならぬことをしたり、人にすまないことを
言ったりした時、何となく後ろめたく気咎めされるものを誰でも感ずる。それがつま
り本心良心があるからである。だから何事でも、この本心良心の咎めを感じないこと
のみを、言行に表現するように心がけるのである。

 そうすれば、後日に後悔したり、卑屈になったりすることがなく、人生常住春風駘
蕩たりで、日々を過ごし得る。

 古語にもいう。

 「自ら省みて疾ましからずんば、千万人と雖も、吾れ行かん」 と―――――。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

「真人生の探求」(中村天風)

   9月7日(木)  白露(朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るとい
う意味で白露と言う。)   取り越し苦労厳禁



 これは何れも取り越し苦労の無価値有害なことを、風刺訓戒したものでなくて何で
あろう! 取り越し苦労と同じ心理状態で、無駄な心配をすることを杞憂というの
は、何人も御存じのことと思う。これは昔中国に杞の国というのがあって、その国に
三人の、極端な取り越し苦労をする男があった。その一人は、朝から晩まで、一日中
心配そうに空のみを見て歩き回っている。またそのもう一人の方は、これまた一日中
心配そうに地面のみを凝視して歩き回っている。ところがまた他の一人は、その両人
の後ろから、心配顔で、両人の顔を代わる代わりに眺めつつ、歩いている。一体この
三人は何を考えていたのかというと、空のみ見ている男は、いつ何時この大空が上か
ら落ちて来やしないか、そしたらどうなるだろう? と心配になっているし、地面を
凝視して歩く男は、この大地が急にどかんと底知れぬ処に陥没したら、どうなるであ
ろう? と心配しているし、両人の後ろからついて歩いている男は、一体この二人の
男は、こうして朝から晩まで何もしないで心配して歩いているが、この男たちの行く
末は、しまいには、どうなることであろう? と心配していたというのである。そこ
でこれを杞の国の三憂といって、愚者の標本とした。それが略称されて、無駄な気苦
労を杞憂というに至ったのだそうである。何れにしても、取り越し苦労は、愚にもつ
かぬことで、かりにも心を研ぎ上げようとするものの為すべきことでないと、厳かに
自らに誓うべきである。そうかといって何事も考えるな、やりっ放しに放り出して置
けというのではない。消極的観念で考えることを断然止めて、考えねばならぬ場合
は、積極的観念で思索すべしというのである。

 言い換えれば、積極観念で行われた思索は、概ね整然として、無駄なエネルギー消
耗を招来するような取り越し苦労にならないからである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。